ジスロマックの副作用で多いのは下痢の記事一覧

  • 2018.04.18

    クラミジアの潜伏期間と治療法

    クラミジアは、菌単独では増殖する事が不可能な偏性細胞内寄生菌クラミジア・トラコマティスに感染する事で発症する性行為感染症です。 一般的に感染から1週間~3週間程度の潜伏期間を経て発症しますが、感染患...記事の詳細

  • 2018.04.03

    性病にならないための予防方法

    性病は人間にとって身近な病気ですが、自分には関係ないからと予防を怠っていたり、感染していても気づかず放置していたりするケースは多くあります。 しかしそのまま何の対策もせずにいると症状が進行してしまい...記事の詳細

  • 2018.03.23

    ジスロマックの重い副作用について

    抗生物質の一種ジスロマックは、病気を発生させている菌の増殖を抑え、殺菌することで様々な症状を改善に導く薬です。 ジスロマックは基本的に副作用が少ない薬ですが、下痢や腹痛、吐き気などが現れる場合があり...記事の詳細

  • 2018.03.18

    ネットでジスロマックで副作用が出ても自己責任

    ジスロマックは主成分をアジスロマイシンとする抗生物質です。 クラミジア感染症や歯周病、副鼻腔炎など多くの感染症の治療に効くのですが、広域感染性ペニシリンやセフェム系抗生物質より重篤な副作用である...記事の詳細